半沢龍之介氏のClick Holdings株式会社とbgs投資

金融庁が発表した「2,000万円の貯蓄が無ければ老後破産する」というセンセーショナルな発表は、日本に空前の投資ブームを巻き起こしました。しかし、投資初心者である日本人にとってはリスクが不安でなかなか踏み出せないという人も少なくありません。そのため、大きなリターンが見込める投資先が必要となるのです。

■次世代エンターテイメントの主役 bgs投資とはブロックチェーンやAR、VRというこれから先当たり前に使われていく最先端技術を使った次世代エンターテイメントプラットフォーム事業のことを指しています。プラットフォームとはいろいろなコンテンツを提供するものであり、ゲームやショッピング、ニュースサイトといったありとあらゆるエンターテイメントを届ける存在です。これまでの既存メディアの枠に囚われない発想で新しい市場を開拓すると言われています。 bgs投資のメインコンテンツとなるのがオンラインゲームです。現在のオンラインゲームの主軸となっているのがスマートフォンアプリですが、こちらはプラットフォームの手数料がおよそ3割と非常に高いことで知られています。しかし、これから先の5G社会になればこのようなプラットフォームが淘汰されていき、bgsプラットフォームが勢力を伸ばしていくと予想されているのです。

■企業情報について Click Holdings株式会社はエンターテイメントコンテンツの中でも、IT分野に特化したグローバルな展開を行うプロフェッショナル集団となっています。代表取締役は半沢龍之介で資本金は1億3,000万円ほどです。東京都渋谷区に本社を構えており2018年の6月1日に設立されました。総合IT事業やゲーム事業、映像&音楽制作事業にトラベルビジネス事業など多岐にわたった事業展開を行なっているのが特徴的です。 半沢龍之介氏が代表取締役のClick Holdings株式会社の特徴として、アジアを中心とした越境ビジネスのコンサルティングとソリューションサービスの提供を行っていることが挙げられます。顧客の持っている問題に対して最適解と言えるビジネススキームの立案から、実施までをネットワークを生かした商品・サービスのプロモーションや販売を通じてサポートしています。

■これから先に注目されている企業 bgs投資はスマートフォンアプリなどのプラットフォームとして、これから先の5G時代を見据えながら大きな成長を期待されているコンテンツのひとつです。現在は大手のプラットフォームが覇権を握っていますが、これからその均衡は崩れていくと言われています。そんな中で次世代エンターテイメントプラットフォーム事業を展開していく存在は大いに注目されているのです。 そんな中でもClick Holdings株式会社は多種多様な事業展開をしていることで知られている企業だと言われています。特に越境ビジネスについては企画の立案から実際のプロモーション・販売までのノウハウが蓄積しているので、数多くの実績を持っているのです。半沢龍之介が代表取締役であるということもビジネスパーソンからの信頼を掴んでいます。