トップストーリー

Click Holdings株式会社のbgs投資や半沢龍之介氏の情報まとめ

近年はさまざまな投資商品があります。その中でも注目されているものと言えば、半沢龍之介氏のbgs投資ではないでしょうか。これからbgs投資のことや半沢龍之介氏のこと、Click Holdings株式会社に関することを紹介していきます。

■Click Holdings株式会社について Click Holdings株式会社は半沢龍之介氏が社長を務める会社です。事業内容としてはIT事業、ゲーム事業、メディア事業など幅広く対応しています。さまざまな分野に精通していて、ハイクオリティなクリエイティブ作品を生み出す環境を整えています。 オンライン予約においてハンドリングが難しいと言われるトラベルビジネス、オンライン広告やオフライン広告などのクリエイティブ事業などがあります。

■bgs投資とは 半沢龍之介氏が最近プッシュしている事業、それがbgs投資です。bgsとはBe Gaming Stationの略です。簡単に言えば、ゲームと仮想通貨を融合させたビジネス投資案件のことを指します。ゲームと仮想通貨は分かりますが、そこから投資に繋がるのが分からない人もいます。簡単に言えば、次世代の総合エンタメプラットフォームのオーナーを募集するというものです。 bgs投資は2022年に配当年利150%、2025年に配当年利750%、2030年に配当年利3,750%を目標としています。銀行の定期預金の金利などが0.1%などが当たり前の時代なのでこの配当金はすごいです。 約6万円の投資をした時、毎月16万円が受け取れるようになっていると言えばそのすごさが分かるのではないでしょうか。そのため、現実味がないという意見もありますが、半沢龍之介氏はこれまでさまざまな事業を成功に導いてきています。その実績から彼が関わる事業は失敗がないと言う人までいるほどです。

■半沢龍之介氏について 半沢氏は1978年に中国の武漢市で生まれています。中国でもトップクラスの武漢大学を卒業して、21歳で来日したのです。その後、栃木県の足利大学で情報工学修士号を修得しています。常に努力家であることがうかがえます。だからこそ、先を見通す能力にたけているのでしょう。中国を代表とする企業のアリババやバイドゥの躍進にも関わっているそうです。200タイトルを超える中国のアプリを日本へ進出させ、40タイトル以上で年間売り上げがトップ100入りするという実力の持ち主です。 そしてもっともすごいのが、33歳の時に年収1億円を捨てています。その後、新しい挑戦としてGREEに入社してコンテンツディレクターなどに就任しています。一時期のGREEのすごさを知っている人は多いでしょう。2011年度は売上1,582億を叩きだしています。 このように、実績を持つ半沢氏が手掛ける事業としてbgs投資が注目されています。これまで多くの実績を叩きだしてきた人が行っている投資事業だからやってみたいという人も多く、ネット上でさまざまな感想があります。配当年利の目標は凄い数字になっていますが、半沢氏にとってはその未来が見えているのでしょう。もし、投資を考えているのであれば、ぜひこちらの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

bgs投資をはじめる前に参考になるサイトをチェック!